高血糖の病気|癌細胞を撃退|有効成分で転移を防ぎ健康取り戻す

癌細胞を撃退|有効成分で転移を防ぎ健康取り戻す

高血糖の病気

病院

糖尿病の患者数は、増加傾向にあり、症状が進行すると他の臓器へも影響が及びます。消化器官や心臓、肺などへ広がって、人工透析が必要になったり、目が見えなくなったりと、重い病気につながります。予防を心がけることが肝要ですが、もし糖尿病になってしまったら、早期に治療を開始することが大切です。糖尿病の治療には、専門の外来があります。そのような病院では、日本糖尿病学会の糖尿病専門医が常駐していたり、最新の糖尿病治療が受診できたりします。糖尿病は、患者によってさまざまな症状が現れるので、対応するには専門の医師がよいのです。きめ細かな診察と処方で病気の進行を抑え、血糖値をコントロールできるようにしていきます。

治療の種類は大別して、食事療法、運動療法、薬物療法があります。糖尿病は、血液に関連する病気で、複合的な症状や合併症が現れるのが特徴なので、血糖値だけを診るのではなく、身体全体を総合的に診る視点も大切です。手術で治るという病気ではないので、食事、運動、投薬を組み合わせた治療プログラムも必要になります。それらを行いながら血糖値をコントロールして、症状を悪化させないことが重要です。運動は、血糖値をコントロールするインスリンの分泌と深く関わりを持っています。有酸素運動などを毎日行うことが予防にもつながります。食事では、カロリーを摂りすぎず、糖分や栄養の過剰摂取をしないことが大切です。減塩を心がけることも必要です。