骨粗鬆症が招く骨折|癌細胞を撃退|有効成分で転移を防ぎ健康取り戻す

癌細胞を撃退|有効成分で転移を防ぎ健康取り戻す

骨粗鬆症が招く骨折

医師

圧迫骨折は年配の人に多く見られ、胸や腰に痛みが走るようになります。これは骨折時の痛みによるものですが、椎体による骨のぶつかり合いによって痛みが生じます。圧迫骨折の原因は骨粗鬆症から骨密度が弱くなってしまうことで起きやすくなるので、注意しなければいけません。圧迫骨折には腰椎と胸椎に症状があらわれます。どちらも激しい痛みを覚え、歩くことや寝返りを打つことも困難になってしまいます。治療法としては、胸や腰にコルセットを巻き、なるべく動かないように静養していく方法が勧められます。これで数週間で骨が形成するので、痛みも引いていきます。痛みが治まってきたときは、リハビリを行うと予防にもつながります。形成外科などの病院にはリハビリ施設が用意されているところもあるので、指導の下で骨を丈夫にしていくこともできます。圧迫骨折は悪化してしまうと寝たきりになってしまうこともあるので、しっかり治療をして骨を丈夫にしていくことが大事です。

圧迫骨折の原因となる骨粗鬆症は、カルシウム不足や運動力低下で骨密度が次第に弱くなってしまうことです。骨粗鬆症は特に高齢者に多く、50代頃から症状に疑いのある人も少なくありません。女性は閉経をすると骨密度が極端に弱くなってしまう傾向があるので、骨粗鬆症になりやすいのです。このため、圧迫骨折を予防するには日ごろから骨粗鬆症にならないために対策を行っていく必要があります。こういった対策は病院の方でもアドバイスしてくれるので、それを参考にしていくことで骨も次第に丈夫になっていきます。栄養面ではカルシウムを多く取るようにし、そして、運動能力もアップさせていくことがポイントです。これを習慣にしていくと骨にいい生活を送れるので、圧迫骨折を防いでいくことができます。年を重ねても、元気に動き回れることを目標に心掛けていくようにしましょう。